糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】

薬や放射線で対応

ナース

血液やリンパ液が運ぶ

癌を治療してもあとでまた同じところに腫瘍ができた場合、再発と呼ばれます。これに対して癌細胞が血液やリンパ液などによって体の各部に運ばれることにより悪性腫瘍が発生するのが転移です。もともとの患部のすぐ近くに転移することもあれば、ずっと離れた部位に転移することもあります。血液やリンパ液の流れによって癌細胞が運ばれるため、血液・リンパ液の多く集まる部位に転移するケースが多くみられます。具体的には骨や肺、リンパ節、肝臓、脳などが挙げられます。転移した癌細胞が比較的狭い範囲にとどまっている場合には、放射線をそこに照射することで改善できる可能性があります。この場合は癌細胞を直接狙い撃ちにできるので、さらなる転移や悪化を防ぐ効果が期待できます。一方、血液やリンパ液が体内を巡って体のあちこちに癌細胞が運ばれてしまった場合には、局所的な放射線治療では対処することが困難になります。そうした場合には抗癌剤治療が主な治療法として選択されます。抗癌剤治療は放射線治療のように腫瘍に直接働きかけるわけではないため、転移が進んでいると治癒は難しくなってきます。しかし腫瘍がごく小さかったりばらばらであったりするケースでは抗癌剤がよく効くので、手術をした後などは転移の有無を綿密にチェックしていくことが大切になります。最近では、進行した転移癌であっても放射線治療を行っている病院も出てきています。主治医に相談したり、インターネットで検索してみるとよいでしょう。

Copyright© 2018 糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】 All Rights Reserved.