糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】

失敗しない病院選びのコツ

医薬品

最新の診療を受けよう

糖尿病の治療は、大きく分けると食事療法、運動療法、薬物療法に分けることができます。ところが、実は食事療法と運動療法は、選ぶ病院によってあまり内容に差がありません。一方で糖尿病の治療薬には色んな種類があり、特に新しい仕組みの薬がどんどん出てきているので、処方する医師の力量や、そもそも病院がその薬を採用しているかどうかで差が出やすいです。ここでは糖尿病の正しい薬物治療を受けるための病院選びのコツについて説明します。まず第一に、大きい病院が正しいとは限らないという点に注意する必要があります。糖尿病は非常にありふれた病気の1つなのですが、実は糖尿病を専門とする医師の数はそこまで多くありません。したがって大きな病院の内科にかかっても、糖尿病の専門医がいないということもしばしばあります。もちろん内科の医師でも糖尿病の治療に関する知識をある程度持っているのですが、専門外のベテランの医師になればなるほど最新の糖尿病に疎いので、比較的古い薬を処方されることが多いのです。つまり、大きい病院で専門の医師がいない場合は、せめて若手の医師にかかった方がいいかもしれません。次に開業医を選ぶ場合のポイントです。実は大きい病院に糖尿病専門医が少ない理由の1つとして、その多くが開業するという現実があります。まずは開業医の専門が何科なのかを見極めることが大切です。また可能であれば最近10年で開業したような比較的新しい所を選んだ方が、最新の治療薬を処方してもらえる可能性が高いです。

Copyright© 2018 糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】 All Rights Reserved.