糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】

機能回復を目指すために

脳

脳の損傷を早期に回復

脳出血は、日本人の半数以上が抱える深刻な疾患の一つです。高血圧や耐糖能異常などを起因とする、血管障害の一種であり脳内の毛細血管が破れ脳にダメージを与えます。脳出血は損傷個所によりダメージが異なり、硬膜外の出血は激しい痛みを伴い、時に死に至らしめる大変恐ろしい疾患です。脳は出血により細胞が壊死すると、体の各所に様々な機能障害を引き起こします。運動やの損傷では半身不随や内臓障害などの、身体障害を引き起こし日常生活が困難となることが多いです。そのため、出血が収まった時点で早期のリハビリ開始が望まれます。脳出血によるリハビリは、治療後直ちに行われる回復期リハビリと、その後の生活を取り戻すための維持期リハビリに分けられます。前述した通り、脳血管障害の多くは身体障害を引き起こします。身体動作が阻害された状態では、予後に悪影響を及ぼすため早期の機能訓練が開始されます。関節の拘縮予防や、内臓器の機能回復に向けて理学療法が施されることになります。また、身体障害以外にも言語中枢や認知中枢への障害を併発することも珍しくないため、言語療法や認知トレーニングも並行して行われます。維持期リハビリテーションでは、生活のQOLを高めるための訓練が実施されます。入院治療中に減退した筋力や脳出血後遺症により困難となった社会生活を取り戻すため、作業療法が施されます。就業訓練や家事動作訓練など、その患者に適した今後の生活を見据えてのトレーニングが行われるのです。

Copyright© 2018 糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】 All Rights Reserved.