糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】

脳

機能回復を目指すために

脳出血は命を脅かす大変恐ろしい病です。たとえ、命は助かっても重い障害を背負って生きることは大変なことです。そのため、リハビリテーションをしっかりと行い、自らの人生を取り戻すことが重要となります。

詳しく見る

ナース

薬や放射線で対応

癌をいったん治療しても、血液やリンパ液などによって残っていた腫瘍細胞が他の部位に運ばれ、転移を起こすことがあります。転移しても癌細胞が小さければ薬物療法が効果を発揮します。また、放射線治療で対応できる場合もあるのでよく検討してみることが大事です。

詳しく見る

医薬品

失敗しない病院選びのコツ

糖尿病の治療薬は日々進歩しているため、受診する病院によって差が出やすいのが現状です。大きな病院には専門医がいないことも多いので、受診するなら最新の治療薬を知っていそうな若い医師がお勧めされます。開業医に関しても、比較的新しい所であれば最新の治療を受けられる可能性が高いです。

詳しく見る

車椅子

日常生活を送るため

脳出血が起きると、脳の一部に麻痺がおこる可能性があります。麻痺があっても麻痺がおこっていない部分は動かせます。リハビリをすることで、麻痺をしている部分をカバーしながら生活できるようにしていきます。専門家にサポートしてもらえます。

詳しく見る

カウンセリング

完全治癒も夢ではない

癌という疾患は現代の医療で転移さえ防ぐことが、できれば手術で除去すれば完全治癒することも夢ではないのです。近年になって癌の発症リスクが高まり、日本人の2人に1人は罹患すると言われ多くの人にとって脅威になっています。

詳しく見る

症状に合わせて選択

医薬品

いくつかの種類がある

二型糖尿病は生活習慣病の一つと言えるかもしれません。通常の生活をしていると、血液中に糖分が一定量以上になることはありませんが、何らかの事情によって糖分の量が多い状態になります。血中の糖が多くなると血管を傷つけやすくなり、体の他の部位への異常の原因になります。つまりは合併症の危険があり、それを防ぐためにも治療をしなければいけません。症状が軽ければ生活習慣の見直しを行いますが、一定の症状以上だと薬による治療が行われます。糖尿病の治療薬としては実はいくつかの種類があります。患者によって症状が異なるため、症状に合わせて糖尿病の治療薬も処方の内容が変わります。生活習慣を見直す努力をしているにもかかわらずインスリンの出があまりよくない患者に対しては、インスリンが出やすくなるタイプが処方されます。体型としては一般の体型で食事制限や運動療法なども積極的に行っている人に対して処方されます。一方なかなか食事制限ができない人などもいます。糖尿病の治療の基本は生活習慣の見直しですが、肥満状態が強い人だと運動などができず食欲を抑えるのも難しくなります。その時に処方される薬としては血糖値を抑えるタイプになります。食事などで血中に血糖が増えた時、それを減らす役割を持っています。血糖値を減らすだけなので、糖分を栄養分に変えてくれるわけではありません。肥満状態の人に対しては別途ダイエットのための薬が処方されるときもあります。食欲を抑える効果が期待できます。

Copyright© 2018 糖尿病の治療方法の1つ薬物療法について【血糖値を抑えるタイプ】 All Rights Reserved.